一般社団法人 島根県理学療法士会 会長就任のご挨拶

小川昌(医療法人かつべ整形外科医院)小川先生

 

2021(令和3)年5月30日に開催いたしました定時社員総会において、太田真英前会長のあとを引き継ぎ、一般社団法人島根県理学療法士会の会長に就任いたしました。私は第10代目の会長となります。当士会は1972(昭和47)年に設立され、来年2022(令和4)年に50周年を迎えます。節目の年に会長の任を得たことは非常に光栄なことであると同時に身の引き締まる思いがあります。これまでの長きに渡り多くの先輩方が築いてこられた道筋をしっかりと受け継ぎ、さらに士会を発展させていきたいと思っております。

 

私ごとですが、現在の職場にきて6年が過ぎました。以前は他県におりましたので、島根県理学療法士会に入会してからも6年ということになります。過去4年間ほど在籍したこともありますので、それを含めても約10年の士会歴となります。私よりも長く島根県に在籍される先生方も多くいらっしゃるなかで私がこの士会会長の責務を果たせるかと考えたこともあります。しかし、他県での経験や、短いながらも当士会での活動を通して学んできたことをしっかりと活かし、また多くの共に士会を運営していく仲間の支えを得ることによって職責を果たしたいと考えております。

 

先程も述べましたが、島根県理学療法士会は来年設立50周年を迎えます。また一般社団法人となって10年を迎えます。新たなステージに進む私たちですが、節目に合わせ士会の「ミッション」、「ビジョン」の策定を行なっております。「あなたの“大切”を彩る」というミッションを立て、今後10年にわたり、5つのビジョン(1 組織力を高める、2 共に学ぶ・みんなで学ぶ、3 地域と活きる、4 発信力を高める、5 ワクワクを創造する)に向かって活動を推し進めていきます。理学療法士の組織という枠組みだけでなく、広く県民の皆様の健康に寄与する組織として様々な活動に取り組んでいきたいと考えております。

 

昨年来の新型コロナウィルスの猛威によって私たちの活動、取り組みは思い通りに進んでいない部分もあります。しかし、こういう時代であるからこそしっかりと前を向き、一つ一つ丁寧に実行に移して行きたく考えております。組織として成熟していくためには、困難な局面でもブレずに信念を持ち行動することが求められます。士会理事会など運営部門の頑張りはもちろんですが、士会会員お一人お一人が士会運営に参画していただき、「私ごと」として取り組んでいっていただけるよう様々な活動を展開していきたく思います。

 

最後になりますが、私たちの組織はまだまだ未熟で発展の途中にあります。多くの方々にご意見を頂戴し、叱咤激励をいただきながら成長していくべき組織です。どうか今後もご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

一般社団法人 島根県理学療法士会 副会長就任のご挨拶

嘉田将典(飯南町保健福祉課 地域包括支援センター)嘉田先生

 

令和3年度からの2年間、副会長を拝命しました嘉田将典です。会長を補佐し、組織再編により今年度から新たに設置されたブロック局・職能局を担当します。これまでの経験を生かし、1 キャリア支援に関すること、2 職域拡大や医療介護報酬改定に関すること、3 地域包括ケア推進に関すること、4 スポーツ領域など公益事業推進に関すること、5 領域毎・地域毎におけるネットワーク構築に関すること、以上5点について積極的に取り組みます。上記、5点に共通するのは、理学療法士としての職域拡大と人材育成、ネットワークづくりであると考えています。

 

継続可能な地域づくり、それを支えるための社会保障制度へと制度改正が進む中、健康増進・スポーツ支援、フレイル予防、自立支援・重度化防止、地域共生社会などがキーワードとして挙げられ、理学療法士に求められるスキルや役割は今後さらに高まります。こういった期待に応えられるよう島根県理学療法士会としての職域拡大と人材育成に更に取り組みます。コロナ禍の影響もあり、多種多様な人材育成に関する学びもwebなどを活用したオンラインでいつでもどこでも可能な時代となりました。しかしながら、地域の特性に沿った人材育成は実際に目で見て、触れて、感じるというプロセスが必要不可欠であると考えています。状況により工夫も必要となりますが、実践を通した人材育成の場を島根県理学療法士会として提供し、信頼される専門職であり続けられるための組織づくりを目指します。

 

島根県では他県と比較すると理学療法士数は少なく、現在でも多くの会員が少数職場に勤務しています。こうした状況において、島根県理学療法士会は理学療法士同士のつながりを持ち、コミュニケーションを取りながら知識と技術を高める貴重な場であると考えています。ここでもコロナ禍の影響があり、施設をまたいで交流する機会が減っています。しかしながら、職場を越えた顔の見える関係性、何かあったときに頼れる同期や先輩、後輩の存在がどれだけ心強いかは私自身のこれまでの経験で強く感じています。これからの2年間で県内理学療法士の領域毎・地域毎のネットワーク構築を進め島根県理学療法士会の魅力と組織力を高めたいと考えています。

 

2年間、副会長として皆様と共に成長できるよう力を尽くしたいと考えています。ご支援をいただきますように宜しくお願いいたします。

 

 

一般社団法人 島根県理学療法士会 副会長就任のご挨拶

江草典政(島根大学医学部附属病院)江草先生

 

令和3年度からの2年間、副会長を拝命しました江草典政と申します。本年度新しく着任された小川昌会長を補佐しながら本会の事業が円滑に、また活発に遂行できるように職務に邁進致します。

 

島根県理学療法士会は、令和元年度〜令和2年度の2年間で「あなたの“大切”を彩る」という組織の「ミッション」と「ビジョン」ならびに組織の再編計画を策定致しました。このミッションで掲げている“あなた”には、会員の皆さんを始め私たちが関わる多くの対象者の方や地域の方を包含されます。本会に求められる役割は、職能と学術、そして後進育成、地域貢献と多岐に渡ります。理学療法士である皆さんの職能と成長を支えると共に、それが多くの対象者、地域住民に繋がるように本会の機能を充実して参ります。

 

新組織では、組織力の強化として事務局機能の強化による会員支援の円滑化や、これまでブラックボックスになりがちであった理事会等の意思決定機構の透明化を図ると共に県士会事業に多くの会員に参加いただくための人材バンクを構築します。そして、これまで長きにわたって検討をしておりました「ブロック毎の活動」についてもスタートし、地域毎のニーズに応じた組織運営を進めます。

 

また、学術面は理学療法士のキャリアステージに合わせて卒前教育から卒後教育、研究に渡る組織へ再編し適切な時に、適切な成長が支援できる体制を構築します。特に、近年では様々な研修などがオンライン化し、学びの地域格差は縮まりつつありますので他県と同じ事をするのではなく、本県に必要な学びを特に意識しながら企画を進めます。

 

そして、職能は新しくキャリア支援部が活動を開始します。学術同様、理学療法士は就職から退職まで約40年のキャリアの中で様々なライフイベントを迎えます。ワークライフバランスを取る時代は終わり、ワークとライフを一緒に長い目で調和させるワークライフインテグレーションの時代となりました。士会としても会員の皆さんの様々なライフステージを応援できるように準備を進め、「理学療法士として働いて良かった」とこの仕事を大切に思うことができる、そんな支援に取り組みたいと思います。

 

職務は2年間となりますが、これまでの活動で培ってきた島根県士会の強みを活かし、良い形で後進にバトンタッチできるように士会を支えます。会員の皆さんにおかれましても、ご支援を賜りますようお願い致します。

 

 

一般社団法人 島根県理学療法士会 事務局長就任のご挨拶

吉岡健太郎(雲南市立病院)吉岡先生

 

この度、島根県理学療法士会の事務局長を拝命いたしました吉岡でございます。

今期で5期目の事務局長となりました。この大役を仰せつかるには、誠に微力ではありますが、小川会長をはじめ嘉田副会長、江草副会長、理事・部長の皆様のご支援できるように職務に邁進したいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 私事ではありますが事務局長に就任して8年経ちました。この8年間で島根県士会は会員数の増大に合わせ、士会として「会員や県民の皆様にどれくらい貢献することができるのか」は学術面、職能面でも多様化してきたように感じます。昨年度から取り組んできた組織再編は経験上、法人化以来で最も進化と成熟できる機会のように感じます。そのような貴重な時に事務局長として携わることができて非常に光栄に感じます。

 

 昨年度、県士会として明確なミッション・ビジョンが掲げられました。目標達成に向けて、会員の皆様のために貢献度を高めるとともに、更に組織力を高めていく必要があると感じています。会員の皆様に見て感じていただけるように風通しのよい、会員の声を反映できるような体制を整えていきたいと思います。そして、少しでも多くの会員の方に士会事業に関わっていただき、これからの島根県理学療法士会を担っていただける人材育成に繋げられたと思います。

 

 今期は理事数が11名となり例年よりも少ない人数となりました、新設の部や委員会も増え全体として役員数は増員しました。理事が減数となった事をマイナスと考えず、だからこそ役員間で縦と横のつながりを強め、会員の皆様とともに士会としても成長していきたいと感じます。

 

 任期は2年間となりますが皆様からのご理解とご協力をお願い申し上げ挨拶とさせていただきます。