拝啓
 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご厚誼を賜り厚く御礼申し上げます。 当団体は、「障がいのある人々や高齢者及びその家族が、住み慣れたところで、そこに住む人々ととも に、一生安全に、いきいきとした生活が送れるよう、出雲圏域内の医療機関、介護事業所、リハビリ関連 諸団体、保健・行政機関などがリハビリテーションの立場から協力し合って活動を行う」ことを目的に、 2012 年に設立した任意団体です。
 これまでこの目的に賛同する団体・個人が、(1)構成員相互の交流や情報交換、(2)機能的自立度評価法 FIM の普及、(3)FIM を用いた症例検討会、(4)保健・医療・介護・福祉従事者及び住民向け研修会の開催 など地域リハビリテーションに関する事業を行って参りました。また、この活動は 2016 年度より出雲市 在宅医療・介護連携推進団体補助事業に指定されました。活動を通し、地域における様々な課題の解決に 向けて、より多くの皆様方との連携を深め、活動を発展的に進めていけるよう検討を重ねております。
 この度の研修会は、多職種の立場から ADL 評価の重要性や ADL 支援、多職種連携に資することを目 的に下記の通り開催いたします。 時節柄、完全オンラインでの開催を予定しております。ご多用の中とは存じますが、多数ご参加頂きま すよう何卒よろしくお願い申し上げます。
                                                              敬具

 

pdfファイル「2022年度リハケアネット研修会趣意書」をダウンロードする(PDF:243kB)

 

2022年度リハケアネット研修会ポスター