7月7日(日)に宝塚リハビリテーション病院の中谷知生先生をお招きし、歩行トレーニングの実技を中心とした研修会を開催いたします。


コロナ禍では実現できなかった対面のみでの実技研修です。
女性アシスタントもお招きしていますので、女性の方も安心してお申し込みください。

また、定員は50名ですので、お早めにお申し込みください。

講師:中谷先生からのメッセージ
脳卒中片麻者の歩行再建において、歩行量を確保することの重要性は十分に認識されています。
しかし、ただ歩行量を確保すれば良いわけではなく、質の高い歩行動作の量を確保することが重要です。
長下肢装具・短下肢装具を用いた介助歩行の基本から応用までの実際について、実技練習を中心に実施します。
時間をかけて極めて基本的な介助から練習しますので介助歩行に苦手意識のある方もぜひご参加ください。