平素より島根県理学療法士会の活動にご理解・ご協力をいただきありがとうございます。
日本理学療法士協会では、「地域包括ケアシステム」を推進するにあたり、「地域ケア会議」「介護予防」の2つの施策に重点を置き、人材育成制度として、「地域ケア会議推進リーダー」、「介護予防推進リーダー」の2つを認証コースとして設定し、地域課題の抽出や解決に向けて理学療法士の専門性を発揮する目的で創設・運用されています。

今回、島根県理学療法士会では安来地区で「地域ケア会議推進リーダー導入研修」を開催し、安来地区での取り組みを島根県全体や各市町村で実施している方へ発信することで、理学療法士の質と向上を図ること、また今後の「地域ケア会議推進リーダー」取得者を増やし、ミッション・ビジョンでもある「あなたの大切を彩る」事が出来るのではないかと考えています。

また、令和6年度、島根県理学療法士会では昨年度に引き続き、県内市町村からの依頼による地域ケア会議への助言者派遣や飯南町からの委託による地域巡回型介護予防事業などを実施予定としています。こちらの事業につきましては、地域ケア会議・介護予防推進リーダー取得者を優先的に参画頂くように予定をしています。

今回の研修会に多くの皆様方にご参加頂き、地域ケア会議助言者や地域巡回型介護予防事業など、県士会全体で盛り上げていきたいと考えています。是非この機会にご参加をよろしくお願いいたします。

 

 

配布資料につきましては、当日こちらで準備をいたします。
導入研修会を受講するためには、マイページ上で推進リーダー登録申請を行い、eラーニングを前日までに修了していること、もしくは免除申請にて修了をしていることが必要となります。