島根県理学療法士会 会長 太田真英

地域のみなさまへ

一般社団法人島根県理学療法士会ホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。

島根県理学療法士会は、島根県内の理学療法士の職能・学術団体です。1972年(昭和47年)に任意団体である島根県理学療法士会を設立し、その後、2011年(平成23年)に法人格を取得いたしました。2020年(令和2年)4月現在、会員数は約750名です。
 
まず、このたびの新型コロナウィルス感染によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、罹患された方々の1日も早い回復をお祈りいたします。また、日々感染対策等に奔走されておられる医療従事者、介護福祉分野のみなさまに心より御礼申し上げます。

現在、緊急事態宣言は解除され、徐々に日常は以前の姿に戻ってきております。しかしながら、感染対策の徹底、新たな生活スタイルの確立など、これまでとは異なる日常ともなってきております。

近年は県民のみなさまに対して、我々理学療法士がそれぞれの地域にお伺いし、介護予防事業や地域支援事業を展開させていただいております。しかし、昨今の状況下ではみなさまのもとにお伺いすることが出来ておりません。状況が改善し、また以前と同じように地域にお伺いすることができることを切に願っております。さまざまな事業が中止となり、県民のみなさまの中には不活動状態となっておられる方もいらっしゃるかと思います。このホームページから今後、手軽にご自宅でできる運動の紹介をして参りますのでご覧いただき一助となれば幸いです。

 

 

 

ロゴさて、このような状況の中ではありますが、島根県理学療法士会は新たに「ミッションスローガン」を作成いたしました。ミッションスローガンとは私たち士会の理念、そして目的を表します。

島根県理学療法士会ミッションスローガン:「あなたの“大切”を彩る」

『「あなた」とは、理学療法士である会員の皆さん、対象者の方、地域の方、様々な専門職の方など私たちとともに歩む全ての人を指します。専門職としての夢や価値観、自分らしい人生、愛する人、健康な体・・・そんな皆さんの“大切”が彩り豊かなものであり続けられるように、私たちはともに寄り添います。』

このスローガンを達成していくため、今後さまざまな事業展開を行って参ります。

また、島根県理学療法士会のロゴマークも一新いたしました。
ロゴの意味は『各色に島根らしさ(夕日、木々、海、桜など)を込めるとともに、それらの集まりでShimaneの「S」を表現しました。背景に入った線は、日本海の波や島根県の気品を表しました。』

 

県民のみなさまにも身近に感じていただけるスローガン、ロゴマークとなるよう今後様々な場で周知して参りたいと考えております。

最後になりましたが、県民みなさまのご健康をお祈りしご挨拶とさせていただきます。今後とも何卒、島根県理学療法士会を宜しくお願いいたします。