一般社団法人 島根県理学療法士会 会長就任のご挨拶

小川昌(医療法人かつべ整形外科医院)

小川先生

2021(令和3)年5月30日に開催いたしました定時社員総会において、太田真英前会長のあとを引き継ぎ、一般社団法人島根県理学療法士会の会長に就任いたしました。私は第10代目の会長となります。当士会は1972(昭和47)年に設立され、来年2022(令和4)年に50周年を迎えます。節目の年に会長の任を得たことは非常に光栄なことであると同時に身の引き締まる思いがあります。これまでの長きに渡り多くの先輩方が築いてこられた道筋をしっかりと受け継ぎ、さらに士会を発展させていきたいと思っております。

 

私ごとですが、現在の職場にきて6年が過ぎました。以前は他県におりましたので、島根県理学療法士会に入会してからも6年ということになります。過去4年間ほど在籍したこともありますので、それを含めても約10年の士会歴となります。私よりも長

く島根県に在籍される先生方も多くいらっしゃるなかで私がこの士会会長の責務を果たせるかと考えたこともあります。しかし、他県での経験や、短いながらも当士会での活動を通して学んできたことをしっかりと活かし、また多くの共に士会を運営していく仲間の支えを得ることによって職責を果たしたいと考えております。

 

先程も述べましたが、島根県理学療法士会は来年設立50周年を迎えます。また一般社団法人となって10年を迎えます。新たなステージに進む私たちですが、節目に合わせ士会の「ミッション」、「ビジョン」の策定を行なっております。「あなたの“大切”を彩る」というミッションを立て、今後10年にわたり、5つのビジョン(1 組織力を高める、2 共に学ぶ・みんなで学ぶ、3 地域と活きる、4 発信力を高める、5 ワクワクを創造する)に向かって活動を推し進めていきます。理学療法士の組織という枠組みだけでなく、広く県民の皆様の健康に寄与する組織として様々な活動に取り組んでいきたいと考えております。

 

昨年来の新型コロナウィルスの猛威によって私たちの活動、取り組みは思い通りに進んでいない部分もあります。しかし、こういう時代であるからこそしっかりと前を向き、一つ一つ丁寧に実行に移して行きたく考えております。組織として成熟していくためには、困難な局面でもブレずに信念を持ち行動することが求められます。士会理事会など運営部門の頑張りはもちろんですが、士会会員お一人お一人が士会運営に参画していただき、「私ごと」として取り組んでいっていただけるよう様々な活動を展開していきたく思います。

最後になりますが、私たちの組織はまだまだ未熟で発展の途中にあります。多くの方々にご意見を頂戴し、叱咤激励をいただきながら成長していくべき組織です。どうか今後もご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

地域のみなさまへ(2020/06/08更新)

一般社団法人島根県理学療法士会ホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。

島根県理学療法士会 会長 太田真英

島根県理学療法士会は、島根県内の理学療法士の職能・学術団体です。1972年(昭和47年)に任意団体である島根県理学療法士会を設立し、その後、2011年(平成23年)に法人格を取得いたしました。

2020年(令和2年)4月現在、会員数は約750名です。
 
まず、このたびの新型コロナウィルス感染によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、

罹患された方々の1日も早い回復をお祈りいたします。また、日々感染対策等に奔走されておられる医療従事者、介護福祉分野のみなさまに心より御礼申し上げます。

現在、緊急事態宣言は解除され、徐々に日常は以前の姿に戻ってきております。しかしながら、感染対策の徹底、新たな生活スタイルの確立など、これまでとは異なる日常ともなってきております。

近年は県民のみなさまに対して、我々理学療法士がそれぞれの地域にお伺いし、介護予防事業や地域支援事業を展開させていただいております。しかし、昨今の状況下ではみなさまのもとにお伺いすることが出来ておりません。状況が改善し、また以前と同じように地域にお伺いすることができることを切に願っております。さまざまな事業が中止となり、県民のみなさまの中には不活動状態となっておられる方もいらっしゃるかと思います。このホームページから今後、手軽にご自宅でできる運動の紹介をして参りますのでご覧いただき一助となれば幸いです。

 

 

 

ロゴさて、このような状況の中ではありますが、島根県理学療法士会は新たに「ミッションスローガン」を作成いたしました。ミッションスローガンとは私たち士会の理念、そして目的を表します。

島根県理学療法士会ミッションスローガン:「あなたの“大切”を彩る」

『「あなた」とは、理学療法士である会員の皆さん、対象者の方、地域の方、様々な専門職の方など私たちとともに歩む全ての人を指します。専門職としての夢や価値観、自分らしい人生、愛する人、健康な体・・・そんな皆さんの“大切”が彩り豊かなものであり続けられるように、私たちはともに寄り添います。』

このスローガンを達成していくため、今後さまざまな事業展開を行って参ります。

また、島根県理学療法士会のロゴマークも一新いたしました。
ロゴの意味は『各色に島根らしさ(夕日、木々、海、桜など)を込めるとともに、それらの集まりでShimaneの「S」を表現しました。背景に入った線は、日本海の波や島根県の気品を表しました。』

 

県民のみなさまにも身近に感じていただけるスローガン、ロゴマークとなるよう今後様々な場で周知して参りたいと考えております。

最後になりましたが、県民みなさまのご健康をお祈りしご挨拶とさせていただきます。今後とも何卒、島根県理学療法士会を宜しくお願いいたします。